Hamamatsuいいらぁ♪~さちの浜松日記~

浜松に引っ越してきて6年目。メチャ楽しんでます♪(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬のおまわりさんじゃないけど

2012.05.31 (Thu)

最近の私

かなり


迷子遭遇率が高い! (^^;)



ここ1カ月の間に2人☆
泣きじゃくる子どもちゃんを保護して
一緒にお母さんを探す役を果たしました(^^;)



そんな中。


なんと昨日は 迷子の子猫ちゃんまで!



その子猫ちゃんを見つけたのは夕方。
たー君を迎えに行く時でした。

たー君を職場からピックアップして、
ある所へ用事で行かなければならなかったのだけど、
事情を説明したら、
たー君が予定を変更して
「子猫救出大作戦」に協力してくれることになったんです。

で、引き返したのですが。

その子猫ちゃんがいたのが
なんと 中央分離帯のそば!

怯えて小さくなってたのを
たまたま見つけたのでした。

そこは近所の主要道路だったので、
帰宅ラッシュで道路はかなりの交通量。
赤信号になるのを待って道路を横切り、
子猫ちゃん捕獲を試みるも
怯える子猫ちゃんも 必死に逃走!

「待ってぇぇぇぇ!!」

道路を走り回り、こっちも命がけ!
たー君から

「お前が危ないだろ!」と叱られる始末(^^;)

しかし、やっとの思いで救出・捕獲し
安全な場所に放してやったのでありました。。。




でもね。
その後も、また道路に出たりしないかと・・・・
心配になった私。

たー君と行かなければならない所へも
ちょっと遅刻しますって連絡して
その後、急いで行かねばならなかったりもして、
あの子猫ちゃんを連れて帰ることも出来なかったのです。


だけど、
用事が無かったとしても?
連れて帰って飼うわけにもいかないし、
かといって、
保健所へ連絡すれば
もしかすると殺処分になるかも知れません・・・



で、今日たまたま
モモちゃんを動物病院へ連れて行く用があったので、
先生に訊ねてみました。


「今の時期は子猫が母猫から離れる時期なんです。
 多分、その子も野良猫でお母さんからはぐれたんでしょう。」

と、先生。

「じゃ、安全な場所に放したのは良かったんですか?」

「お母さん猫が近くで見ていたら、その子猫を迎えに
 来るはずです。そのままにしてたら車によって
 事故死になったでしょうし、保健所に連絡しても
 殺処分だったでしょうから・・・
 そういう意味では良かったと思います。
 あと、捨て猫を保護するボランティア団体もあります。
 そのボランティアさん達が里親を探してくれたりもしますが、
 保護してもらえる数にも限りがあるようですからね・・・」



色々と考えさせられました。


あの後、
子猫ちゃんがお母さん猫にちゃんと会えたかまでは
私には分からないけど、
きっとお母さん猫も野良猫でしょう。
なんとなく無事に生きながらえてくれたらいいけどな・・・
野良猫である以上、
その保証はありませんね・・



子猫ちゃんは救えたけど、
複雑な気持ちになり、
昨夜はなかなか寝付けない私でした。





スポンサーサイト

 | HOME |  »

プロフィール

さち

Author:さち
浜松在住6年目 専業主婦

☆家族☆
夫  たーくん(40代前半)
息子 ゲン(中学3年生)
娘  リリ(小学6年生)
愛犬 モモ(ボストンテリア♀)

カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。